読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一滴

一滴の水滴が落ちてくる。静かで暗い水面に触れる。水は飛沫を作り出し波紋が広がる。小さな飛沫たちも跳ねる。水滴が真上に跳ね返る。水面に輪が二重三重にできる。あなたの心の中で落ちる水滴。そういう存在になる夢をみる。 #短編小説 #詩