読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドラマ初回鑑賞記2017春

1月に続いて観たテレビドラマの初回の感想をつらつらと書く回、再びです。今回はここを長らく読んでる方覚えてるかもしれませんけど、3/31にこのドラマを見たいというリストアップがありましたのでそれを使いつつ、見た感想を述べていきたいなと思っております。ちなみにリストにないものとかあったのに観てないものもありますのであしからず。もっと言うと、恋愛ものとか全然興味ないからのっけから外してたりしますので、そこら辺の全ての情報を網羅したい方はTV雑誌をご覧ください。ちなみにリストアップしておいたものは事前に予想してます。「人は見た目が100%」とかそんなこと言われても共感できないでしょう。

?月〜土8時 NHK朝ドラ「ひよっこ」4/3スタート 朝ドラを見る習慣は有村架純でも続くのかどうか。

結果続いておりますけど、他のところで書いていた気がしますけれども、とにかく有村架純の茨城弁がかわいくてかわいくて。それだけじゃなくて沢村一樹のとぼけた感じもふんわりとして好きですね。朝ドラですから出演陣は盤石ですけれども、ヒロインのおじ役で峯田和伸も出てて、なんであの人演技美味いんだろうか、いつも思います。あと、ヒロインの弟の少年の演技がこれまた素晴らしいのでチェックして欲しいです。コミカルな所も多くて。あと、オープニングの映像が非常に味があるのでそのオープニングだけでも見てほしいですね。

?金曜24時12分 テレビ東京孤独のグルメ」4/7スタート果たしてドラマ枠でいいのかどうか。むしろグルメ番組としてみると思う。

もう書くまでもないですね。前シリーズから見てるので相変わらずの松重豊の間合いで眼福って言うんでしょうか、おっさんが食べてるだけで癒されるという奇妙な番組ですね。そして、食べてるシーンが本当に長い。

?金曜24時52分 テレビ東京「SRサイタマノラッパー~マイクの細道~」4/7スタート 映画から見てるのでその後が気になる。そして同じ高校だった奴が製作にかかわってる。

そもそもは5年前に高校の同級生がスタッフでかかわってることを知ってから映画シリーズを一気に見たのがきっかけですけど、完全なる続編。映画3部作を見てますから楽しめてますけど、ドラマ見て面白いと思った方は是非とも映画を見てほしいですね。通常だとドラマの延長線上に映画があるようなのが最近ですけど、その逆を仕掛けてきてるSR陣営はなかなか度胸がある。ジャンル分けするならラップミュージカルって感じでしょうか、フリースタイルダンジョンとか見てる方には物足りないかもしれないけど、どっちかって言うとこっちの方がリアルな気がします。ダサくてもラップしたい人はしたいんです。

?木曜25時 テレビ東京「100万円の女たち」4/13スタート RADWIMPSの野田が主演、共演の松井玲奈に興味。

結局見なかったです。そして、見ようと思うのかどうか。

?金曜22時 TBS「リバース」4/14スタート 藤原竜也主演、湊かなえ原作、ミステリー。興味津々。

当たり前だけど初回から簡単に謎が解かれるわけがないので続いてみようと思うわけですけど、初回から散りばめられた謎の数々、そして後々水戸黄門になるはずの武田鉄矢タブロイド紙の記者役で主人公達に付きまとう役なんだけど味があります。そして、主演の藤原竜也がかっこ悪いことこの上なくて、そういう役柄なんでしょうがないけど、うちのオカンが藤原竜也大好きで「カイジ」とかも見てるような人なんだけど、こればっかりは『藤原竜也がかっこよくないから見たくない』と、そんなドラマです。

?土曜深夜 日本テレビ「架空OL日記」4/15スタートバカリズム原作・脚本で女装で主演するらしい。色々不思議。

リストアップしていたのを忘れていました。もう始まっていたとは。つい先ほど、今週分の予約をしました。バカリズム原作・脚本面白くならないはずがない。

?日曜21時 TBS「小さな巨人」 4/16スタート

これに関しては3/31の段階で呼び情報を仕入れておりませんでしたけれども、長谷川博己主演というだけで昨年来の「シン・ゴジラ」熱が冷めていない中で非常に楽しみだったわけですけれども、そこは日曜劇場のお家芸と言う感じの左遷された人が追いやった人に倍返しするという勧善懲悪な復讐劇のようです。そして敵役は香川照之。きっちりとしたフォーマットが出来上がっているわけですけれども、これを続けてみるかどうかは長谷川博己安田顕をずっと見続けたいと思うかどうか。

?月曜21時 フジテレビ「貴族探偵」4/17スタート 相葉君が推理しない探偵をやって周りの人たちに解決させるらしい

今クール、最後にしてものすごいものが現れました。リストアップしていた段階で「なんじゃそりゃ」だったわけだけれども、新聞にいるとフジテレビの「月9」ドラマって今年で30周年を迎える記念作品みたいな煽り方をしている割に「相葉雅紀武井咲」の2トップって心もとない気がして、そこまで言うなら「松本潤石原さとみ」位じゃないとだめでしょう位に思っていたわけですけど、金のかけ方が異常。脇に松重豊滝藤賢一だけならバイプレイヤーを揃えたねになるけれども、中山美穂仲間由紀恵井川遥を脇に揃えるってどんだけ豪華なんだよって言う話。

そんな豪華さだけで揺れ動くつもりはなかったんだけど、内容も小笑いを挟み込んでいて、上手く言うと「TBSの日曜劇場みたいな予算で『トリック』みたいなことをフジテレビがしでかした」のが今回の月9と言えましょう。本気で堤幸彦がかかわってるに違いないと思ってエンディングロール見た位です。でも、名前はありませんでした。

アレルギーを感じる方がいるでしょうけど、月9でようやくフジテレビが本気を出してきた、そんな感じがします。今クールでは一番面白いですよ。どっちかと言うと60分尺のコントだと思ってみることになると思います。そう考えるとしみじみと思う事があります。最近、フジテレビはその月9が天下を極めたころのドラマ班のプロデューサーが社長を務めていて、ことごとくバラエティ番組を排除しているという策をとっているという話があって、その代表が「笑っていいとも」だったり「ごきげんよう」だったりして、そのうち「めちゃイケ」も危ういみたいな話がなされていて、今もその体制が続いているわけで、その中でドラマの形とはいえコントが行われる(と勝手に思ってる)のはすごい事だと思っています。そして、そういう社長人事とは関係ないところではあるけれども、その直後の22時から「SMAP×SMAP」というコントも含めた番組があったわけで、色々意味合いを考えたくなっています。

生瀬勝久の言葉の間違いを文字で訂正したりとか現在のバラエティを揶揄したような表現があったり、次回予告も英語で字幕付きだったりとか、「面白おかしくやりますからいろいろ突っ込んでください」とか番組で求めてきたりとか、偉そうですけど、フジテレビ急に覚醒したなって言うのがこのドラマだと思います。「今クールは1本だけしか見てはいけない」と守護霊様に言われているとかそんな感じの人がいるとするならば、月9をお勧めします。それ故にこの分量です。役者とか女優とか抜きにしても楽しみに待てる月9です。

?月~金12時半 テレビ朝日やすらぎの郷

これはよくいじってますけれども、脚本・出演陣がみんなおじいさんおばあさんなシルバータイムドラマですね。すでにこちら(http://SNS.jp/view_diary.pl?id=1959822438&owner_id=1640008)でお話ししておりますけれども、ホラーとしてお楽しみいただければと思います。しかし、きっと裏では主要な役者に死なれちゃ怖いから急ピッチで撮影が進んでるに違いないです。なんせ半年も放送されるので(笑)。

そんなわけで今クールのドラマは8本観ることになっております。たぶん、「小さな巨人」飽きると思いますけど(笑)。