読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

治療家への道って感じ?

本日は、三回目の小山見学。

半月以上引きずった腰痛は治りかけていたけど、

不都合があるなら良い題材になるので、

残っていたサブラクセーション(歪みというか問題箇所というか)を取り除くデモンストレーションを行って下さった。

問題があるから良く解った。

人体操作って、原理が解ればこれは凄い。

痛くもない、衝撃もない。

やる側も全く辛そうではない。

でも、問題は取り除ける。

学校で習ったことは、基本的な項目だったのだ。

でも実際は、こんなにも広がって行くんだな。

危険が無い。

問題が起きない。

でも確実。

うわー。片っ端から人捕まえて練習したい。

それより習いたいんだけど。

でも、これ正規で習うの高額なんだろうな。

先生は惜しげもなく教えて下さるけど、

こちらが問いを持って行かないと何も教えて下さらないので、

授業料の代わりが、熱意で臨むことだということになる。

取り敢えずこういうのは、体験しながらじゃないと絶対に解らないので、

まあぼちぼち、自分の身体を使って学んで行くしかないのだろうな。