Their Finest

時間つぶしに見たけど、良かったこれが。結構泣いちゃったよ。

第二次大戦中、英国のプロパガンダ映画の脚本書きのポジションに誤って就いてしまった女性の物語。

戦火が広がる中で、登場人物たちの身近な人々が亡くなったりするシーンも盛り込まれているけど、ロマンスあり笑いありで軽いタッチで描かれていて陰鬱な感じはなかった。

苦難を受け止めて、それでもたくましく生き抜いていく人々の姿が美しかった。

政府や同盟国からあれこれ映画への干渉や圧力がかかり、無理難題を押し付けられながら

制作側が皆協力し合い、困難につぐ困難を乗り越えて映画を作りあげていく過程も面白かったな。

きな臭いこの世の中。 運良く平和な世に生まれそれを享受してきた自分。

いつ自分が画面の向こう側の世界に行ってもおかしくないんだよなと感じる。

平和でいられる時間に改めて感謝したい気分だ。

広告を非表示にする