これは非常に難しい問題。

著作権協会の集めた金の配分がおかしいって視点はちょっと置いときます。これが結局、最大の問題なんは承知の上で。

あたしも楽器を多少習ったりした経験があります。時間があればまた、行きたいとも思います。ヤマハ音楽教室にも行きましたよ。

基本的に「営利目的であれば、楽曲の作者に使用料を支払う」これは、習う側からすれば(使用料は結局、授業料に加算でしょうから)非常に納得いかないだろうが、支払うべきだと思います。

…と、さっきまで思っていたが…音楽文化全体の普及を考えたら、まあ、別にいいじゃないかとも思えてきました(苦笑)

私立の高校が授業でビートルズのCDを聴かせたら、音大とかでもですよ。ほんでそれを演奏したりしたら使用料を払うんでしょうか?ポールマッカートニーに?(なんか一時期はマイケルジャクソンが版権持ってたみたいだが。)

ポールの所まで銭が飛ぶとは、とても思えない。

て。最初に置いといた問題に帰結してしまったが。

未来のアーティスト、楽器業界の促進ってのは良い事だと思いますけどねー

まあ、テキスト化の際の使用料ぐらいで何とか勘弁して欲しいですね。曲が気に入りゃまた、CDとかDVD買うでしょうから。

これをコピーしたもので間に合わすってなっちゃう方が何とかしないと。あたしも、欲しくても手に入らないディスクは友達にコピーして貰ったのありますけどね。

きょうび、データは絶対に残ってんだから、廃盤とか止めて何時までも、どんなにセールス悪かった曲でもディスクは無理でも、せめてダウンロード出来るような環境作れよ、と言いたい。有料で良いから。レッドツェッペリンとかの法外なブートレグ価格みたいなんなら手が出んが。

海賊版音源配信して欲しいなー

アーティストが自分達でライブの公式ブートレグ作ってたディスクもあったが。こういうのはファンには嬉しい。

話が思い切り脱線してるが、まあ、結論はテキスト代ぐらいで(笑)

テキストに無いのを先生がコピーして持ってくるのは…まあ、ちょっとぐらいなら大目にみてよ

音楽教室側、JASRAC集団訴訟へ 200社超参加か

(朝日新聞デジタル - 05月30日 20:10)