昨夜は帰って特に何もする気ないので、寝ていたら、こんな遅くにぱっちりしていしまい、しばらく眠くなるまで少し起きています。

友達さん30人になりました。特に人数が多くなったからどうというわけはないですが、過去に一度このくらいの人数以上の方と交流したことがあったので、なんとなく感慨深いです。あまり増やす気もないがために、マイペースで続けて、最近は色々と受け入れるように姿勢を変えたのでというのもありますが、でも当時よりもはっきりと一人一人を知ったうえで仲良くなれたんじゃないのかなと思います。 把握すると自分の友達さんは男女比が丁度1:2くらいでした。

もとよりインドアな趣味や嗜好なので、気になった方に声かけたり、気にしてくれた方に声をかけてくださった結果こうなりました。それに男性の方が学生時代に思想や政治経済、倫理学などに興味を持ちやすいかと思いますが、ミクシーのなかではそういう人も少数派かというのと、あまり自分が惹かれないというのがあります。

それに過去の友達さんでは、ベルイマン好きな人なんて一人もいなかったんじゃないかな。

定期的にやり取りを交わす方も少なかった気もします。

現実の仕事では接客業なんで、こちらで千人以上の方を把握するのですが、相手も何年経っても自分のこと覚えていたりするんですよね。千人くらいの方が自分を知っているてのも・・・なんか不気味です。

仕事は一度一会みたいなことは少ないですけど、仕事以外の関わりでもたまに話したりする人のことを思うと、自分はネット世代に象徴されるように何かに所属した中での集まりは慣れず、自分がただの点(ドット)になって、知らない人とどんどん知りあっていくから、勿論個と個の付き合いであることには変わりないのですが、 ただでも、そこで自分の点を削除しようと思うと、線で結ばれた他の人と他の人が結ばれるってことは考えにくいんですよね。 

色んな人と疎遠になることもあれば、定期的に関わってくださる方もいて、ありがたいなと

そう思います。

そろそろ眠くなってきました。 大方、本の編集が終わりましたので、そろそろ印刷の工程に移ります。コンスタントに2年おきに出してきたので、次の2年で中島敦と同じ33になるんだなと思いますが、興味関心が恋愛ごとに移ってきた(というより同じ主題のものを書きたくないということがあると時事的なものが飽和してきた気がしたり)ので、仮に4冊目が出るとしたら初めて本格的な恋愛物の掌編が少し入るかもしれません。 それまで続けられるかはわかりませんが。

創作とか音楽や映画鑑賞、読書は趣味でやっているものです。

ですから、必ず日記を読んでほしいとか、自分の本を読んでくださいとかは思いません。

読者を増やそうとなんて僕はあまり思いません。

単に興味がある方が見てくれればそれでいいと思っています。

締めの言葉が思いつかないのですが、このような自分に知りあってくださり有難うございます。

・・・・・・今日、読んだ漫画ですが、この「女なのでしょうがない」という作品がなかなかよかったです。ぎすぎすしてますけど、一人一人の仮面と葛藤が書かれていて、多少独身の方には共感できるのではないでしょうか。 同じくらいの年齢ですが、貯蓄1千ってのは自分の場合、全然行きませんね。 貯めようとしても海外旅行や製本やフォーマルな服や靴や、寄付や年金の追納なんかで全然流れ出てしまいます。 

https://comic.k-manga.jp/title/103949/pv

それでは。

広告を非表示にする