【千葉】日本人操縦の零戦 東京湾で里帰り飛行 レッドブル・エアレース千葉2017

日本人操縦の零戦東京湾で里帰り飛行

エアレースで

日本人が操縦する「零戦」が3日、東京湾の上空を飛んだ――。

千葉市美浜区で開かれている「レッドブル・エアレース千葉2017」で、零戦が会場上空を3周し、観客を魅了した。

4日も飛行する予定。

パイロットを務めたのは米国在住で、操縦士歴40年の柳田一昭さん(66)。

操縦を終え、飛行場に戻ってきた柳田さんは

「感無量。東京湾の上はとても気持ち良かった」

と話した。

 

機体は、1942年に三菱重工が製造した「零式艦上戦闘機22型」。

約10年かけて「零戦里帰りプロジェクト」を進めてきた実業家の石塚政秀さん(56)が所有している。

石塚さんによると現在、飛行可能な零戦は世界に4機という。

 

石塚さんは

「日本の技術遺産として飛行できる状態で保存し、日本各地で飛ばすことで平和を考える機会になれば」

と話している。