ひとり言

先の見えない坂道を

唇を

噛み締めながら

もうひとりで

上がらなくていい

これからは

背負った荷物は

ふたりで

背負って歩こうよ