親は責任感じてますよ

おはようございます

名古屋一宮岐阜の結婚相談所Bridalmessage

代表パートナーカウンセラーの舛田です。

先日、実家の近所に住む同級生の親御さんから

結婚相談所のパンフレットを見せて欲しいと

母親伝いで連絡をもらいました。

僕の同級生

ということはもう40代半ば

親御さんが焦るのも無理はないでしょう。

(もっと早くに焦るべきだったのでは?というツッコミはさておき。)

同級生は、今やバリバリのキャリア女子となり

営業に飛び回っている毎日とのこと。

忙しくて婚活する時間すらない。

昔はお見合いもしたけれど、営業として忙しくなってからというもの

すっかり結婚というものから疎遠になってしまったようです。

親御さんからのお話や、

本人が結婚について話していた様子を聞かせて貰ったのを鑑みて

今はタイミングではないんだろうな〜

と思いました。

その歳になって、タイミングもクソもないだろう

とは重思うのですが

こればっかりは、いくら周りが囃し立てても

本人がその気にならなければ、良いお相手との出会い、

ましてや過酷な結婚活動を乗り越えられるとは到底思えません。

婚活をするのは本人ですからね

今以上歳を取ったら、ますます厳しい状況になるんだけどなぁ

と思いつつ

あとは本人が結婚したいと本気で思う時期を

待つしかないのかもしれません。

親としては、なんとももどかしい思いでしょう。

単に、舛田の世話にはなりたくないと思っているのかもしれませんが

その時

お父様がポツリと言った言葉がとても印象的でした。

子どもが結婚したがらないってことは

僕ら夫婦が良いお手本になれなかったと言うことだよなぁ。

子どもの前では、夫婦喧嘩を見せなかったけど。。。

子どもが結婚しないのは

自分たちの親の責任であると認めるその潔さ。

子どもの晩婚化に対してこんな風に考えらる親が、

世の中にどれくらいいるでしょうか。

昔から知っているおじさんだったけど偉い人だなぁと、僕は今さらながら感心しました。

そんなおじさんの想いに、何とか応えたいと思うのですが。。。。

このブログ、同級生が読んでくれたら良いんだけどなぁ。

ご両親、とっても心配していますよ

お問い合わせ入会無料カウンセリング婚活お悩み相談会は

こちらからお問い合わせください

ぞうのマークをクリック!

応援していただけたら励みになります