【愛知】出張理美容車から転落 特別養護老人ホームの車いすの男性死亡

出張理美容車から転落、車いすの男性死亡

愛知県東郷町特別養護老人ホームで6月、入所者の60代男性が「出張理美容」の専用トラックに乗り込む際、自動昇降リフトから車椅子ごと転落し、その後、死亡する事故が起きていたことが県警への取材でわかった。

県警は、出張理美容業者の安全対策が不十分だった可能性もあるとみて、業務上過失致死の疑いで慎重に捜査している。

 

県警によると、男性は6月19日午後3時ごろ、30代の男性理容師の付き添いで、女性入所者と一緒にリフトに乗った。

上昇中に車内に乗り移ろうとした女性を止めようと、理容師が車椅子から手を離したところ、男性は後ろ向きに転落して後頭部を強打。

7月6日未明に病院で亡くなった。

リフトの床の高さは路面から約70センチで、車椅子の車輪のストッパーはかかっていなかった疑いがあるという。

 

業者によると、車輪が回らないようにストッパーをかける決まりだった。

一方、リフトと車椅子をつないで固定する器具はなかったという。

また、車椅子を乗せる場合、リフトの定員は付き添いの理美容師とあわせて2人だった。

当時3人が乗っていたことについて、業者の幹部は取材に

「上昇が始まる際に突然女性が乗ってきた」

と説明した。

業者は事故後、リフトの床の車輪止めを使ったり、転落防止のチェーンをつけたりしたという。

業者の幹部は

「こうした事故が二度と起きないよう、再発防止に努めている」

と話した。