ほのぐら〜い

美容室の待合でバーっと書いちゃうんで日本語がアレなところはアレしてほしいんですけど

昨日チビすけ二人連れてホームセンター行ったんですよね、昔っからあるさびれた、今時照明が蛍光灯で床にガムとかくっついてそうなとにかくさびれたホームセンターなんですけど

家具のコーナーがあるので棚とか見てやろうと階段を登ったところで息子っぴが「僕いかない」と

いつもの気まぐれかいな?おいでよ〜棚見ようよ〜って声かけても

「僕いかない」「お母さん、帰ろう?」「下に行きましょう?」「僕いかないよ」「娘たんも、行かないんだってー」と頑なに拒否

あっこれ、もしかして霊的な何か?やっべーと思ったけど「どうして嫌なの?」って聞いたら「さみしい…」と

なんかこう、言われてみればホームセンター全体がうすぐらーくてなんとなーく湿気っぽくて、プールの更衣室とかでウッ…てなるタイプの人はピンと来るかもしれないけど、確かにそういう雰囲気ではあったんですよね、

そういう感覚ってある程度の年齢になって(小学校高学年とか)郷愁とかから感じるものなのかなって思ってたからこんな小さい子供にもあるんだ?ってちょっとびっくりしたんすわ!えぇ!じゃあ髪切ってくるからよ!